• 総合窓口
  • 03-5730-6162

社内チームビルディング実習
ケー・ティー・システムは製造業向けSIerとして、工場現場の効率化・コストダウンを推進します。

社内チームビルディング実習

2017.07.14

今回は、全社会議で行った「マシュマロチャレンジ」について、レポートします。

マシュマロチャレンジとは

塔を建て、チームを作る!
マシュマロチャレンジとは、パスタ、テープ、ひも、マシュマロを使って自立可能なタワーを立てるゲームです。

マシュマロチャレンジのルール

  • 1チーム4名とする。
  • 以下の材料を使用して、自立可能で出来るだけ高いタワーを立てる。

    • 乾燥パスタ : 20本
    • マスキングテープ : 90cm
    • ひも : 90cm
    • マシュマロ : 1つ (タワーの一番上に設置すること)
    • はさみ : 1つ
  • パスタ、テープ、ひもは切ったり、貼ったりするのはOK
  • 制限時間は18分間 (作戦タイムも含む)
  • 計測中は、タワーが自立していること

最初のチャレンジ (1回戦)

誕生日を基準に11チームに分かれて、早速、ゲームを行ってみました。
まずは、考えるチーム、構造から設計するチーム、実際に組み立ててみるチーム、チームによってアプローチが異なります。
10分が経過すると、既に高く自立しているチームが出てきました!
大半のチームが苦戦しています(汗;)
逆に全く組みあがっていないチームも(汗;;)
その中で、最も高い塔を作ったチームは、「チーム中尾」でした。記録86cm!すごい!

第2回戦!

チームごとに、振り返りを行い、再度のチャレンジです。
2回目だからなのか、各チーム実際に組み立てから始めるチームが 大半でした。
そして、10分過ぎると、自立するタワーが出来上がってきました。
ただ、高さを追求しすぎて自立できず、記録なしになってしまうチームが・・・残念です。
その中で、最も高い塔を作ったチームは、「チームファイブ」でした。
記録101cm!これはすごい!

結果発表


ご覧の通り、優勝は101cmの塔を建てた「チームファイブ」でした。
今回のグループワークでは、ある制約条件の下

  • 少人数のチームで目的を達成するために協力しあいながら作業を進める
  • 定期的にフィードバックして調整し作業を進める
  • そして、短い期間で、最大限の成果をあげる

を目的に実施しました。
不確実性、リスクを見極め、それに対応して成果を上げるという点では、今後の業務、プロジェクト遂行に役立ててほしいと思いました。

各チームとゲーム模様

チームワカハラ (1回目:60cm、2回目:85cm)


チーム連携がよかったですね!

スパゲッティ―コード (1回目:記録なし、2回目:記録なし)


チャレンジ精神は立派でした!惜しかったです

チーム中尾 (1回目:86cm、2回目:86cm)


1回目のタワーは立派でした!

チームメガネ (1回目:47cm、2回目:記録なし)


みんなメガネをかけてます(笑)

チームロック (1回目:記録なし、2回目:71cm)


土台を重要に考え、2回目は飛躍しました!岩お・岩崎さん にちなんでロックです。

チーム7月 (1回目:8cm、2回目:43cm)


7月生まれ?の常務と次長がいたのですが…結果にコミットは?

総務 (1回目:51cm、2回目:91cm)


総務部は日頃からチームワークは抜群なのです!

ノーネーム (1回目:記録なし、2回目:78cm)


構造をよく考えました!一番深く考えたチームかも

ワタナベ (1回目:24cm、2回目:73cm)


パスタの特性をつかみました!

サンシャインナガサカ (1回目:記録なし、2回目:記録なし)


空前絶後の超絶怒涛の記録なしです;

チームファイブ (1回目:63cm、2回目:101cm)


We are No.1~

振り返り

最後に、思い思いの振り返りメモ(気づき、反省、豊富など)を作成して終了しました。
皆さん、お疲れ様でした。


2017.07.14 木下 守克
コラム

外部リンク

  • スマートフォンに強い企業100
  • METI

ポリシー

  • ISMS