• 総合窓口
  • 03-5730-6162

生産システム見える化展 2018 に出展しました!
ケー・ティー・システムは製造業向けSIerとして、工場現場の効率化・コストダウンを推進します。

生産システム見える化展 2018 に出展しました!

2018.08.07

7月18~20日に東京ビッグサイトにて、『第10回 生産システム見える化展」が開催されました。

本展示会では、「一般財団法人 製造科学技術センター」傘下の
「産業オートメーションフォーラム(以下、IAF)」にて行っている、「ia-cloud プロジェクト」の一員として参加し、現在開発・実証実験を行っているサービスを紹介いたしました。

連日の猛暑の中、IAFのブースにお越しいただきました方々に、心より御礼申し上げます。

IAF

IAFでは、ものづくりにおける連携と自動化を推進するため、
モデル化、クラウド化、スマート化という情報技術を
工場内の人、物、機械の連携に生かす道を模索しております。

その中で様々なWG(※WorkingGroup)/プロジェクトが邁進しておりますが、
今回の出展では、そのWG/プロジェクトの1つ、「ia-cloud プロジェクト」を
展開いたしました。

「産業オートメーション(以下、IA)分野において、様々なIA関連の設備・機器・システムが保持する情報を、クラウドサービスで利用できる共通的な仕組みを構築する」
の趣旨のもと、当団体が開発したプラットフォーム「ia-cloud」の提供により、
PLC等の機器データを安全に外部ネットワークに送信し、それに連なる
Webサービス展開を目指しております。
「IAF」について更に詳しくお知りになりたい方は、こちらをご覧いただくか、
お気軽に弊社までお問い合わせください。

弊社展示サービス

弊社ご紹介のサービスは、「ia-cloud」プラットフォームを利用し、

  • 工場設備を制御するPLCの稼働情報
  • 電源不要で手軽にデータを測定・取得できるEnOceanセンサー機器の情報

といったデータを、比較的容易に、リアルタイムにクラウドに蓄積します。
それらのデータを活用して、工場のスマート化を実現するための以下のソリューションを
紹介いたしました。

  • BIツールによるデータ表示
  • データに連動して設備の予防保全を実現する「設備カルテサービス」

IoTというソリューションに対し、導入している/しようとしているという声は
日々多くなっていると強く感じます。
その中で「現状、IoTをうまく活用できていない」という声も
少なくありません。
そういった新たな課題に対して、潜在する価値を提案し、発見をしてもらえるような
基盤を提供出来ることを、これからも目指してまいります。

弊社ソリューションはこちら

製品情報

お問い合わせ

弊社ソリューションにご興味お持ちいただけましたらお気軽に下記よりお問い合わせください。
お問い合わせフォームはコチラ »

2018.08.07 J.Y
コラム

外部リンク

  • スマホ・IoT・XR リーディングカンパニー100
  • METI

ポリシー

  • ISMS