• 総合窓口
  • 03-5730-6162

オフィスカジュアルとフレックスタイム制度導入しました。
ケー・ティー・システムは製造業向けSIerとして、工場現場の効率化・コストダウンを推進します。

オフィスカジュアルとフレックスタイム制度導入しました。

2018.11.27

お久しぶりです、開発部の菊地です。

弊社では、働き方改革の一環として2018年11月1日から下記が可能になりました。

  • オフィスカジュアル
  • フレックスタイム制度

オフィスカジュアル

恋焦がれて早7年・・・

入社時から恋焦がれていたオフィスカジュアルがやっと可能になりました。

私は少し体格がいいので、既製品のスーツだとやや窮屈なことが多く、
私服で働けたら楽だし、わざわざクリーニング屋に持っていかなくても、
自宅の洗濯機で洗えるし、クリーニング代かからなくて済むなと思っていました。
※別にスーツが嫌いなわけではありません。スーツも好きです。

好きな恰好で働ける楽しさ

TPOを踏まえた上ではありますが、
気分によって、スーツやオフィスカジュアルが選べて、
自分の好きな恰好で働けるというのは仕事の効率も少し上るものです。

フレックスタイム制度

メリット

なんといっても、勤務時間が自分の意志で決めれるというのが最大のメリット!

コアタイム(10:00~17:00 内、昼休憩1時間)は必須ですが、
日によって、6時間働く日もあれば、8時間以上働く日もあるなど、
月の規定勤務時間働けば問題ありません。
※ちゃんと仕事をした上ではありますが

活用例

  • 早く上がってスポーツ観戦
  • 少しずらしてラッシュアワー回避
  • 子供の送迎が以前よりし易くなった

変化に対して

今回のオフィスカジュアルとフレックスタイム制度導入は、
私にとっては以前より働きやすくなりました。

慣性の法則なのか、変化する際には
現状であり続けたい気持ちが生まれることもあります。

しかし、
変化するものだけが生き残るのは、人だけではなく会社も一緒だと考えます!

これからもお客様や社員に対して、
良い変化を与えられる会社であり続けたいと思います。

2018.11.27 T.K
コラム

外部リンク

  • スマホ・IoT・XR リーディングカンパニー100
  • METI

ポリシー

  • ISMS